家庭と仕事の両立は雇用形態が重要

子供の成長とともに、「仕事復帰をしたい」と考えている女性の方は多いと思います。しかし、女性の場合は、仕事復帰をしても、家事や育児なども行っていくことが必要となりますから、「両立できるのかが不安」と感じている方も多いでしょう。「以前のようにフルタイムで仕事をするのは難しい」と感じてしまうのは仕方ありません。
そこで、家庭と仕事を両立させるために考えておくべき雇用形態についてご紹介しましょう。仕事を始めたいと考えている方の中には、「復職後はどういった働き方をしよう?」と迷われる方がいると思います。仕事と家庭を両立するためには、やはり家事や育児へ影響がでないような働き方を選んでいくことがポイントになります。では、どういった雇用形態や職種を選ぶと良いのでしょうか?
例えば、介護職のような仕事は、他職種と比べると様々な雇用形態から選ぶことができます。どういった雇用形態が良いかというと、アルバイトやパートといった短時間や勤務日数が少ない働き方です。また、派遣といった働き方も良いでしょう。派遣の場合には、週に何回といった働き方が可能ですし、期間限定で仕事をすることもできますから、「まずは家庭と仕事とを両立できるのか様子をみたい」と考えている方にとっては、理想的な働き方ではないでしょうか。
このように、家庭と仕事との両立を考えるのであれば、雇用形態や職種を慎重に考えていくことが大事です。まずは自分がやりたい仕事をピックアップし、どれくらいの勤務時間や日数なら家事や育児に支障をきたさないのかを検討したうえで、雇用形態を絞り込んで就職活動を始めることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です